メニュー

ホーム お知らせ 行政情報 ケアハウスや1,000平米未満の有料老人ホームに対して、消防本部による調査が実施されています。

2013年3月4日 行政情報

ケアハウスや1,000平米未満の有料老人ホームに対して、消防本部による調査が実施されています。

 平成25年2月22日付けで消防庁予防課から各都道府県消防防災主管部長及び東京消防庁・各指定都市消防庁あてに「小規模社会福祉施設等に係る実態調査の実施について(依頼)」が通知され、小規模社会福祉施設等の実態調査が実施されていると、厚生労働省老健局高齢者支援課より連絡を受けました。

 介護・老人福祉関係施設については、以下のものがこの調査の対象施設となっております。

(1) 消防法施行令別表第1(6)項ロに掲げる施設で延べ面積1000平米未満のもの

・老人短期入所施設
・養護老人ホーム
・特別養護老人ホーム
・有料老人ホーム(主として要介護状態にある者を入居させるものに限る)
・介護老人保健施設
・老人福祉法第5条の2第4項に規定する老人短期入所事業を行う施設
・老人福祉法第5条の2第6項に規定する認知症対応型老人共同生活援助事業を行う施設

(2) 消防法施行令別表第1(6)項ハに掲げる施設

・軽費老人ホーム
・老人福祉法第5条の2第5項に規定する小規模多機能型居宅介護事業を行う施設

 各消防本部から本調査があった場合には円滑にご協力いただきますようよろしくお願いいたします。

 詳しくは、以下をご覧ください。