メニュー

ホーム お知らせ 全国介護付きホーム協会からのお知らせ 【受付終了】「風に立つライオン基金」主催の新型コロナウィルス対策用研修プログラムのご案内

2020年8月13日 お知らせ

【受付終了】「風に立つライオン基金」主催の新型コロナウィルス対策用研修プログラムのご案内

※8月19日11時時点で、現在ご用意した日程はすべて申込みが完了いたしました。(多数のご応募ありがとうございます。)

※8月13日18時30分時点での空き状況が少なくなってまいりました(残り4コマです。詳細は添付ファイルをご確認ください)。

会員 各位

平素より全国介護付きホーム協会(介ホ協)の活動にご協力賜り、誠にありがとうございます。

本案内は添付ファイル内容として全国の会員宛(法人窓口宛)にFAXを出しております。

研修を希望される場合は本FAX(あるいは添付ファイル)に希望日程を記載のうえ事務局までFAXしてください。

講師がホームに訪問してのオンサトによる、ホーム長、職場で働く職員の皆さま向けの研修です。こういう時期ですが、研修講師はできるだけ臨場感をもって100%伝えることを趣旨として、感染症の専門知識を有した医療者(医師、看護師等)が皆さまのホーム等に直接訪問します。よって、ホーム側では、当日の研修場所を確保して、その時間にホーム所属の職員の皆様が集まるようご準備ください。講師は医療者(医師・看護師)で、県外からの訪問である旨ご了承ください。時間は14:30以降で調整。

公益財団法人「風に立つライオン基金」※1が主催する福祉施設向けの「感染症に強い現場を作る支援プログラム」※2です。

※1

国内外のへき地医療や大規模災害の復旧現場等へボランティア活動をする個人や団体に対し物心両面からの支援を提供するための基金を設置する公益財団法人です。設立者は歌手の「さだまさし」さん。

※2

福祉現場へ知識・技術・安心を届け、感染症に強い福祉現場を目指すため感染管理の専門技術をした医療者が感染対策の知識や技能を伝達します。当法人にて「ふんわりチャンポン大作戦」と名付けられ2020年5月から7月11日までに、26施設に訪問、相談会参加施設数は116施設(オンライン相談含む)で展開。なお、チャンポンは「さだまさし」さん出身の長崎県の名物から名付けられました。