メニュー

ホーム お知らせ 全国介護付きホーム協会からのお知らせ 『終の棲家「介護付きホーム」を考える議員懇話会』が6月15日(火)に開催されました。

2021年6月27日 お知らせ

『終の棲家「介護付きホーム」を考える議員懇話会』が6月15日(火)に開催されました。

『終の棲家「介護付きホーム」を考える議員懇話会』(会長:鴨下一郎衆議院議員、事務局長:平将明衆議院議員)が6月15日(火)に開催されました。

懇話会では、遠藤代表から、令和3年度介護報酬改定における基本報酬の向上、看取り介護加算の充実等の実現について、先生方に多大なるご支援をいただいたことにお礼を申し上げました。また、併せて新型コロナウイルス感染症について、介護付きホームの職員に対する慰労金の支給や、入居者・職員に対するワクチン接種についても強力なご支援をいただいたことに重ねて感謝を申し上げました。

また、当協会から、令和3年度の介護報酬改定に関する要望事項とその結果をご説明したほか、

〇介護事業経営実態調査に関する要望事項
・ 経営実態調査の結果を基に、介護報酬改定内容の決定を行う際には、収支差率のデータは、
 「税引後」で評価いただきたい
・ 「保険外収支」については、経営実態調査から除外していただきたい。

〇新型コロナウイルスに関する要望事項
・ 介護付きホームにおけるワクチン接種を行う際に、入居者と職員とが同時に
 接種を受けられないケースが発生している。介護付きホームの職員についても、
 高齢者に続き優先接種を受けられるような仕組みを作っていただきたい。

・ 介護付きホームの協力医療機関が、ホームの所在する自治体の区域外に存在する
 場合にも、弾力的な運用を認めていただくことによって、協力医療機関がワクチン
 接種を行えるようにしていただきたい。

・ 厚生労働省は、介護付きホームにおいて新型コロナウイルスの陽性者が出た場合
 には、入居者・職員全員がPCR検査を行うこととしている。しかしながら、実際に
 は、保健所等の判断で入居者・職員の一部しかPCR検査を行わない場合も多く、行
 政において入居者・職員全員にPCR検査を行うこととするか、行政において行わな
 い場合には、ホームが独自に行うPCR検査に補助を行うこと等によって、全員がPCR
 検査を行えるようにしていただきたい。

・ 介護付きホームにおいて入居者に新型コロナウイルスの陽性者が出た場合、病院に
 入院できるようにしていただきたい。
 しかしながら、病床ひっ迫等により、やむを得ずホーム内で療養することとなった場
 合には、医療従事者や介護職員の派遣等の体制整備を行っていただきたい。   
  また、今回、地域医療介護総合確保基金による更なる支援が行われることとなった
 が、速やかに支援が行われるよう自治体に促していただきたい。

について要望を行いました。

なお、本年の東京都議選(6月25日(金)告示、7月4日(日)投票)において、本議員懇話会に
ゆかりの深い方が候補者となっておられますので、以下にご紹介を申し上げます。

【大田区選挙区】山森ひろゆき 様
【江東区選挙区】高橋めぐみ 様