メニュー

ホーム 活動報告 第2回定例研究会「2012年度制度改正説明会」(名古屋会場)の開催報告

2012年2月17日

第2回定例研究会「2012年度制度改正説明会」(名古屋会場)の開催報告

 平成24年2月17日(金)に第2回定例研究会(名古屋会場)を名古屋市のWINCあいちにて開催しました。45法人78名の方にご参加いただきました。

 

 まず、始めに葛西理事より、ご挨拶、特定協の会員の現状報告、入会促進へのご協力依頼をさせていただきました。

 

 第1部『介護報酬改定への対応(看取り介護加算・特定施設の短期利用解禁)』では、長田事務局次長より、今回の制度改正・報酬改正について全体的な説明をした後、地域区分単価の変更、介護職員処遇加算、看取り介護加算、短期利用サービスの創設等、特定施設に関する部分について詳細の説明をしました。アンケート結果をみると、資料も説明も判り易かった。改定の内容が全体的に理解できたと80%以上の方に満足いただける結果となりました。

 

 続いて、第2部では、西澤事務局長より説明しました。『介護職員によるたんの吸引・経管栄養について』は、昨年11月の第2回愛知県特定施設連絡会に続いての説明となりました。「素早い研修ができる体制ができればと思います」「現状では、やっぱり現実的ではないのかと思われる」と制度自体に関するご意見が多数ありました。『特定施設のケアマネジメントについて(特定施設ケアマネジメント研究会報告)』は、「当施設では、ケアマネの役割そのものを見つめ直している時期にあたっているため、ひとつの参考とさせていただくことができ、よかったと思います」等のご意見がありました。

 

 最後に、第3部『入居一時金の規制強化(権利金の廃止・初期償却の制限など)』では、再び、長田事務局次長より説明をしました。「説明は非常に判り易かったが、時間が足りない」とのご意見が多数ありました。前の部が押してしまい、第3部が十分な時間確保できず、申し訳ございませんでした。6月に開催予定の平成24年度第1回愛知県特定施設連絡会で改めて説明の時間をとらせていただく予定をさせていただきます。是非ご参加いただければと思います。

 

名古屋会場の様子

 定例研究会終了後、会場を移して行われた懇親会には事務局員を含めて27名が参加しました。様々な情報交換ができ、また、親睦も深めることができました。

 

 最後になりますが、今回、ご参加いただいた皆様ありがとうございました。