メニュー

ホーム 研修・イベント 介護付きホーム研究サミット2021オンライン 発表演題募集開始(募集締切 7/16)

2021年10月15日 受付中 オンライン

介護付きホーム研究サミット2021オンライン 発表演題募集開始(募集締切 7/16)

介護付きホーム研究サミット2021オンライン 第9回介護付きホーム事例研究発表全国大会 の発表演題を募集します

概要

介護現場の課題をさまざまな角度から解決する取り組みを共有し、より質の高い高齢者ケアの実現を目指し始まった事例研究発表全国大会。新型コロナの影響を受け、2020年度は、オンライン(YouTubeライブ配信)で開催しました。(https://youtu.be/SXmbywm5Y3A

 

2021年度は、昨年よりもより発表実感の持てるオンライン開催を企画しています。詳細については、後日、ご案内いたします。

介護現場の想いがカタチになった皆さんの取り組みを、ぜひ、ご応募ください。毎年、介護のヒントと可能性が実感できる多くの取り組みが発表されています。

ホームページで過去の発表動画が視聴できますので、応募の参考にしてください。
>「研修・イベント」ページからは、2020年度の優秀賞10組の発表演題がご覧いただけます。
https://www.kaigotsuki-home.or.jp/schedule/2020/228
>「会員専用ページ」からは、2020年度のYouTubeアーカイブ動画と2020年度以前の動画 がご覧いただけます。
https://www.kaigotsuki-home.or.jp/mypage/list/41

演題募集期間

2021年3月15日(月)

~2021年7月16日(金)17:00まで

応募方法

エントリーシート(Wordファイル)をダウンロードの上(一番下にに添付ファイルあり)、必要事項を記入し、全国介護付きホーム協会事務局まで<info@kaigotsuki-home.or.jp>ご提出ください。

*エントリーシートの記入のポイントを参考にしてください。
*エントリーシートはWordファイルのまま、ご提出ください。
*メールでのご提出のみ、受け付けます。

募集テーマ

テーマを絞らず、現場に活かせる演題を広く募集します。

自立支援重度化防止の取組、地域包括ケアシステムの取組、認知症ケア、看取りケア、介護事故・再発防止の取組、テクノロジー(ICT/IoT)の活用、業務効率化の取組、感染症や災害対への対応等。

優秀賞の選考について

応募いただいた演題の中から優秀賞を選考させていただきます。

【選考方法】
▶一次選考 全国介護付きホーム協会 事務局員/支部長による選考

▶二次選考 選考委員会(外部有識者・協会理事)による選考

【選考結果】
*選考結果については、演題募集期間終了後、応募いただいた方へメールでご連絡いたします。

*優秀賞受賞者には、発表演題(動画)を作成していただきます。作成いただいた発表演題は、全国介護付きホーム協会のホームページに掲載いたします。詳細については、後日、優秀賞受賞者にご案内いたします。

グランプリ・準グランプリの選考について

優秀賞受賞者の中から、一次選考と二次選考により、グランプリと準グランプリを決定します。

【選考方法】
▶一次選考 優秀賞受賞者の発表演題(動画)を視聴した方のオンライン審査(投票)による選考

▶二次選考 選考委員会(外部有識者・協会理事)による選考

*詳細については、後日、ご案内いたします。

選考基準

課題に対し、さまざまな角度で解決している取組事例で、研究・分析によって、その解決方策の有効性が(他の介護付きホームで再現性があること)が確認されているもの。

介護付きホーム研究サミット2021オンラインについて

【日時】
2021年10月14日(木) 午後

【プログラム】
優秀賞受賞者の紹介、グランプリ・準グランプリの表彰式、特別講演、他

*詳細については、後日、ご案内いたします。

概要

今までのような大きなホールでの発表や質疑応答、特別講演は実施しませんが、代わりに、ホームページに発表演題(動画)を掲載いたします。発表演題をご視聴いただいた方のオンライン審査(投票)と選考委員会よって、グランプリと準グランプリを決定します。

10月14日(木)のサミット当日は、グランプリ・準グランプリの発表と表彰式、特別講演をライブ配信します。