メニュー

ホーム お知らせ 行政情報 「医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進について」

2010年6月4日 行政情報

「医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進について」

  平成22年4月30日付けで厚生労働省医政局長より各都道府県知事あてに「医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進について」が通知されましたのでお知らせいたします。

  厚生労働省において、平成21年8月から「チーム医療の推進に関する検討会」が開催され、日本の実情に即した医療スタッフの協働・連携の在り方等について検討が重ねられてきた結果が、平成22年3月19日に報告書「チーム医療の推進について」として取りまとめられました。本通知は、その内容を踏まえ、関係法令に照らし、医師以外の医療スタッフが実施できる業務の内容について整理されたものです。

  本通知においては、理学療法士が体位排痰法を実施する際、作業療法士が食事訓練を実施する際及び言語聴覚士が嚥下訓練等を実施する際に行う喀痰等の吸引は、理学療法士、作業療法士及び言語聴覚士が実施できる行為として整理されています。なお、特定協として厚生労働省に確認しましたところ、特定施設における理学療法士、作業療法士及び言語聴覚士も実施できるとの回答を得ております。

  詳しくは、本通知をご覧ください。