メニュー

ホーム お知らせ 行政情報 【必読】(行政情報)新型コロナウイルス感染が疑われる者が発生した場合における留意事項

2020年3月7日 行政情報 最新動向

【必読】(行政情報)新型コロナウイルス感染が疑われる者が発生した場合における留意事項

新型コロナウイルス感染症に関する事務連絡が多く出ていますが、今般、新型コロナウイルス感染が疑われる者が発生した場合における留意事項が示されましたので、必ず目をお通しください(介護付きホームについては、別添ファイル3~6ページの「入所施設・居住系サービスに限る。」の箇所が該当します)。

入居系に関しては、「新型コロナウイルス感染が疑われる者が発生した場合、当該施設等は、当面、協力医療機関に相談し、以下の対応を行う。なお、保健所の指示があった場合は、その指示に従うこと。」とされています。

① 情報共有・報告等の実施
② 消毒・清掃等の実施
③ 濃厚接触が疑われる利用者・職員の特定
④ 濃厚接触が疑われる利用者に係る適切な対応の実施
⑤ 濃厚接触が疑われる職員に係る適切な対応の実施

特に、「⑤ 濃厚接触が疑われる職員に係る適切な対応の実施」では、「濃厚接触が疑われる職員の中で、発熱等の症状がある場合は、自宅待機を行い、保健所の指示に従う。発熱等の症状がない場合は、保健所と相談の上、疑われる職員数等の状況も踏まえ対応する。」という記載がされています。

詳しくは、以下の事務連絡をご覧ください。