メニュー

ホーム お知らせ 全国介護付きホーム協会からのお知らせ “全国介護付きホーム研究サミット”発表事例募集中 7月27日(金)まで申込締切を延長しました

2018年7月23日 お知らせ

“全国介護付きホーム研究サミット”発表事例募集中 7月27日(金)まで申込締切を延長しました

 介護現場の課題を様々な角度から解決する取組事例を共有し、より質の高い高齢者ケアの実現を目指し始まった介ホ協の事例研究発表全国大会。「やわらか食のとろける革命」「施設に関わる全ての人のマインドが変わった!ドリームマイスター制度」など、前回の発表では、いずれも介護付きホームの可能性を実感する素晴らしい取組みでした。
 今年の「全国介護付きホーム研究サミット」の事例を募集しています。
 同じ課題に取り組まれている介護付きホームの方々に、皆さんの介護現場の想いと努力が詰まった取組みを全国介護付きホーム研究サミットで発表してください。皆さんの事例発表で、より質の高い高齢者ケアを実現しましょう。看取りケア、介護事故防止、認知症ケア、自立支援、ITの導入、業務効率化などテーマを絞らず、現場に活かせる事例を広く募集します。
 今年の募集は、看取りケア、介護事故防止、認知症ケア、自立支援、ITの導入、業務効率化などテーマを絞らず、現場に活かせる事例を広く募集します。是非この機会に各テーマの施設での取り組みについて、ふるってご応募ください。多数のお申込みをお待ちしております。1事業所からの複数事例の応募も可能です。

●日時:平成30年10月18日(木)10:30~17:00(予定) 開場10:00
●会場:ニッショーホール
    〒105-0001東京都港区虎ノ門2丁目9番16号 日本消防会館(ニッショーホール)
     ・東京メトロ 銀座線 虎ノ門下車  2番・3番出口徒歩5分
      ・東京メトロ 日比谷線 神谷町下車 4番出口徒歩10分
●募集テーマ:自由なテーマで、介護の現場に活かせる有益な事例を募集!
 「看取りケア」「介護事故防止」「認知症ケア」「自立支援」「ITの導入」「業務効率化」等、介護付きホームの現場に活かせる
  有益な事例を幅広く募集します。
●申込締切:平成30年7月27日(金)必着
●申込方法:エントリーシートに必要事項をご記入のうえ、介ホ協事務局宛にFaxもしくは、Mailにてご送付ください。
  (エントリーシートは、当該HPに添付のWordファイルをご利用ください)
      Fax::03-6812-7115
      Mail:info@kaigotsuki-home.or.jp
●発表選考:選考委員会にて、発表事例を選考いたします。 (選考結果:9月上旬までに通知いたします)
●当日発表時間:1事例につき10分を予定
●発表者特典
 ◆発表者の交通費は、1事例1名に限って介ホ協の基準にて、介ホ協が負担いたします。
 ◆最優秀賞、優秀賞には、表彰状及びQUOカードを進呈!
 ◆発表事例は、HPでご紹介いたします。