メニュー

ホーム 活動報告 平成19年度 会員活動ブロック別報告[東京ブロック]

2008年2月29日

平成19年度 会員活動ブロック別報告[東京ブロック]

 東京ブロックの会員活動を、平成20年2月29日(金)新宿区のNSビルで開催いたしました。当日は、月末のお忙しい時期にもかかわらず90名を超える方にご参加いただきました。

 

 今回は、平成19年10月に東京都内の会員の皆さまにご協力をいただきましたアンケートにおいて、ご要望の多かった『特定施設を適正に運営していくための留意事項』について、東京都福祉保健局、東京都消費生活総合センターより講師をお招きし、ご講演いただいた後に、小グループに分かれて情報交換を行いました。

 

【第1部】講演会

講演会?

≪都における有料老人ホームの指導検査基準等について≫

講師:東京都福祉保健局高齢社会対策部

施設支援課長 小室 明子様

 

実地指導等を行った際に、指摘事項として散見されるポイント等、行政ならでは把握する事ができる大変貴重なお話しをしていただきました。

 

講演会II

≪介護事業運営の適正化について≫

講師:東京都福祉保健局高齢社会対策部

施設運営係 田村 浩志様

 

特定施設を適正に運営していくために、特に遵守していただきたいポイント等、事業者が最低限遵守しなければならない項目について、ご説明いただくとともに、「介護事業運営の適正化に関する有識者会議」で議論されていた内容について、ご紹介していただきました。

 

講演会III

≪高齢者の消費者被害防止について(有料老人ホームの事例から)≫

講師:東京都消費生活総合センター

相談課 坂本かよみ様

 

消費生活センターに実際に寄せられた相談内容から、契約前、入居中、解約時等、様々な場面での相談事例をご紹介していただきました。

 

【第2部】情報交換会

 小グループに分かれていただき、主に講演内容に関連した内容について、活発な意見交換がなされておりました。

 

 参加された方からは、「特定施設を適正に運営していくための基本を再確認できた」、「チェックポイントを分かり易く解説していただきとても有意義だった」、「実例に基づいた説明だったので大変参考になった」等の感想を多数お寄せいただきました。

 

 東京ブロック会員活動では、今後もこのような、情報提供、交流の場をご提供させていただきたいと考えておりますので、本活動に関し、企画立案、運営に興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、事務局までご連絡をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

 最後になりましたが、ご多忙にも関わらず、ご講演を快く引き受けてくださいました講師の皆さま、また、企画にあたって貴重なご意見をいただきました東京ブロック幹事の皆さまに、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

[早川 東電ライフサポート(株)]

 

平成19年度会員活動の目次に戻る