メニュー

ホーム 活動報告 8月2日に沖縄県特定施設連絡会を開催しました。

2012年8月2日

8月2日に沖縄県特定施設連絡会を開催しました。

 2012年8月2日に株式会社海陽様が運営する「介護付有料老人ホームポート・ヒロック」において、沖縄県特定施設連絡会を開催しました。6法人(うち会員2法人、非会員4法人)、12名(うち会員7人、非会員5人)の方が参加され、事務局次長の長田、事務局員の吉松が応援のためにお邪魔しました。

一般居室 ベッドルーム

 第1部として、介護付有料老人ホームポート・ヒロックの施設見学会を行いました。一般居室92戸、介護居室60室を設け、沖縄の豊かな自然と高いホスピタリティを融合した質の高い有料老人ホームでした。参加者からは、一般居室だけでなく介護居室もプライバシー性を重視したハードと、高級感あふれるサービスに感動の声があがりました。

 

第2部
「高齢者住宅の制度改正と現状について」

 第2部は、「高齢者住宅の制度改正と現状について」と題して、事務局次長の長田より制度改正の説明を行いました。「もう少し早い時期での開催がよかった」、「介護報酬の今後の動向について、厳しい状況であることで今後の経営について非常に不安がある」等の感想が寄せられました。

第3部「情報交換会」

 第3部は、情報交換会「各事業所の現状報告と運営上の課題について」を行いました。自己紹介と各施設における現状・課題を報告した後、複数の事業所が上げられた(1)営業手法、(2)職員研修について、意見交換を行いました。「ゆったりと楽しく意見交換できました」、「皆様やはり悩みはある。情報交換会で皆様の話しを聞けて良かったです(少し楽になりました)」、「集客が以前と比べ難しい(施設が増えている)状況であることが、他社さんの話から確認できた」、「日常の業務で気軽に聞ける相手を探していたので助かりました」等の感想が寄せられました。

 

 最後に、参加者の間で「今後は、この連絡会を1年に2回のペースで継続的に開催してはどうか」という方針で一致し、閉会しました。

 

 全国特定協では、今後も、地域の特定施設の集まりの支援をしてまいります。ご希望がございましたら、特定協事務局までご連絡・ご相談ください。